債務整理、会社設立、相続/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2020 / 09   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Pageview

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
«« 公正証書遺言について 京都・滋賀 | main | ◎研修会の講師体験◎ »»
«« カテゴリ内前記事(公正証書遺言について 京都・滋賀) | 不動産登記 | カテゴリ内次記事(@住宅を取得する時の税金の軽減措置@) »»
2013/11/19

[不動産登記]

第三者にする為の契約ではなく第四者出現

 

中間省略登記は、できません。

いわゆる所有権がA→B→Cと移ってる時にA→Cに直接登記することはできません。

我々の仕事は実態の権利変動を忠実に登記簿に反映させることでございます。

しかし、A-B間の売買契約に『Bは、売買代金全額の支払いまでに本件不動産の所有権の移転先となる者を指名するものとし、Aは、本件不動産の所有権をBの指定する者に対しBの指定及び売買代金全額の支払いを条件として直接移転することとする』旨の所有権の移転先及び移転時期に関する特約が付されている場合に、Bが本件不動産の移転先としてCを指定し、CがAに対して、本件不動産の移転を受ける旨の意思表示(受益の意思表示)をし、BがAに売買代金全額を支払ったときに、所有権がA→Cに移転することになるので、3者の記名押印する登記原因証明情報によりAからCへの所有権移転登記は可能です。

ここに、登場人物が増えてDまで出てきて、所有権がAからDと移転するときは、買主の地位の譲渡を交えてすることも可能。

そんな相談もございまして、慌てて法務局に照会かけましたが、当方作成の文案の登記原因証明情報通りの法律行為があれば、それも可能ということが判明いたしました。

結局、つじつま合わせのような気もしますが、登場人物のみなさんが詳細を理解していれば、そういうことも今後も大いにあり得る話だと思います。

あと注意すべきは、第三者の為にする契約では、A-Bの売買代金とB-Cの売買代金が別々なので、CがAが受け取る売買代金を基本的には知りえないが、買主の地位の譲渡は、A-B間の売買契約しかないので、Cは売買代金をAへと地位譲渡対価をBに支払うことになるのでBが得る利益があからさまになってしまうという点と、土地代金に消費税がかからないところ、買主地位譲渡対価については、全部に消費税が課せられるのではないかという点でございます。

ややこしい部分ではあるが、重要だと思います。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ


 

posted at 2013/11/19 14:50:06

lastupdate at 2013/11/19 14:50:06

修正

 

 

Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)


Trackbacks

 


Comments

 

eBayのアフィリエイトネットワークを使用して、eBayの、あるいは他の領域では、あなたは、ほぼすべての単一の裂け目は、新世代のiPodケースeveywhereをiTouchの発見することができます。 などのカテゴリはかなりの数のフレーズ、この種の外観のクラブハウスとのフレーズも「iPhoneを企図カバー」、および他の種類の「腰の場合は、私の携帯電話4のために設計を扱う」、あなただけのどこに新しいiPhoneあなたの場所への完全な自分自身を見つける 4ケースは、することができます。このとき、iPhone4の症例の大部分は、シーナを介して通常である。 そこに、おそらくそのような商品として知られているOEMや。
at 2014/02/18 22:58:07
 

Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字


サイトマップ