債務整理、会社設立、相続/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2019 / 08   «« »»
01
T
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Pageview

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2019/04/25 :: ◎日本司法書士政治連盟 第49回定時大会◎
!!$photo1!!
先日、日本司法書士政治連盟第49回定時大会に京都政連の総務会長として参加致しました。

著名な国会議員さんも参集する華やかな総会でした。

商業登記の民間参入問題や、司法書士法改正のこと、最新の情報を仕入れられて、とてもよかったと思います。

また、京都政連の会長、幹事長との同行ということで、様々なお話が出来て良かったです。

一日中、司法書士のことを考えたことは今までなかったのですが、その日ばかりは、夜寝るときまで、司法書士のことを考えてしまうほど、司法書士色の高い一日となりました。

この政連の活動があって、司法書士制度の発展やより良い社会の実現に繋がる第一歩であることもあるんだろうなと想像しました。

政治連盟という名前だけで、毛嫌いする向きみあろうかと思いますが、社会問題を国会議員や府会議員や市会議員ととも考え、より良い法律改正、法律の制定を働きかけるという意味で、素晴らしい活動だと思いました。

これから、また少しずつでも学んでいきたいと思います。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託





all photo

Recent Diary

Recent TrackBack
◎ホームページ戦略◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/12/17 23:41:53
@買戻権@業務メモ
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/09/01 12:41:26
◎防災意識◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/08/22 12:48:04
@グラスゴーの奇跡@
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/29 21:52:12
◎土砂降り◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/23 23:26:22
◎リース終了◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/17 22:47:45
◎気さくな先輩司法書士◎
  └ 中野さん
         └ at 2012/06/21 15:42:33

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
«« ◎夫婦の一方のみと養子縁組をしている場合の落とし穴◎ | main | ◎相続人廃除について考える◎ »»
«« カテゴリ内前記事(◎夫婦の一方のみと養子縁組をしている場合の落とし穴◎) | 不動産登記 | カテゴリ内次記事(◎相続人廃除について考える◎) »»
2019/04/12

[不動産登記]

◎嫡出子と非嫡出子についての相続分について◎

 

平成25年9月4日に最高裁大法廷は、民法900条4号但し書の規定のうち嫡出でない子の相続分を嫡出子の2分の1とする部分は憲法違反であるとしました。それを受けて、平成25年12月5日、民法の一部を改正する法律が成立し、嫡出でない子の相続分が嫡出子と同等になりました。

上記最高裁大法廷決定は平成13年7月に死亡した被相続人の遺産分割が争われた事案です。

 最高裁大法廷決定は平成13年7月当時には憲法違反であったとしつつ、この違憲判断は、同月から平成25年9月4日までの間に開始された相続について、遺産分割の審判等により確定的なものとなった法律関係について、遺産分割の審判等により確定的なものとなった法律関係には影響を及ぼさないと示しました。

 そこで、平成13年7月1日から平成25年9月4日までの間に開始した相続であっても、遺産分割の協議や裁判が終了しているなど、上記最高裁大法廷決定が判示する『確定的なものとなった法律関係』に当たる場合には、その効力は覆らない。

平成12年9月に相続が開始した事案については、最高裁が合憲と判断しておりますので、平成12年10月から平成13年6月までの期間については、本件規定の憲法適合性は最高裁で判断されていない状態です。

違憲と判断された以上、いつ開始されたものであっても、婚姻した夫婦の子とそうでない子が違う相続分というのは、法の下の平等ではないように思います。

業務上は、いつ相続が開始されたかが非常に重要になりますので、注意していきたいです。


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2019/04/12 0:03:37

lastupdate at 2019/04/12 0:03:37

修正

 

 

Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)


Trackbacks

 


Comments

 


Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字


サイトマップ