債務整理、会社設立、相続/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2020 / 01   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Pageview

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack
◎ホームページ戦略◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/12/17 23:41:53
@買戻権@業務メモ
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/09/01 12:41:26
◎防災意識◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/08/22 12:48:04
@グラスゴーの奇跡@
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/29 21:52:12
◎土砂降り◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/23 23:26:22
◎リース終了◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/17 22:47:45
◎気さくな先輩司法書士◎
  └ 中野さん
         └ at 2012/06/21 15:42:33

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
«« ◇カレンダーの六曜◇ | main | ◇信書と非信書◇ »»
«« カテゴリ内前記事(◇原本還付できる書類・できない書類◇) | 不動産登記 | カテゴリ内次記事(◇合併による所有権移転登記◇) »»
2019/12/04

[不動産登記]

◎ABC三為契約のAとCの利益相反◎

 

売買契約がAとBで締結されていて、さらにBとCで売買契約が締結されていて、CがAまたはBに受益の意思表示をして、Aが売買代金を受領することで所有権がAからC直接移転する、いわゆる第三者の為にする契約による直接移転取引がございました。

ここで、今回ぶつかったのが、AとBの代表取締役は全くの他人なのですが、Cの代表取締役がAの代表取締役と同一という案件です。

申請書上は、権利者C義務者Aということで、一見すると代表取締役が同一の法人同士の取引になるので、利益相反取引に当たるようにも見えます。

しかし、売買契約はAとCでは締結していないし、契約の地位の譲渡ではないので、利益相反取引には当たらないであろうという見解に基づき普通に利益相反議事録なしで申請したところ、利益相反に当たるというのが法務局の見解であるという連絡がございました。

登記研究741 P141によると、確かに買主の地位の譲渡におけるAとCの関係において、CがBの地位を承継し、契約当事者となるので、利益相反に該当するという見解が紹介されております。
ただ、今回の事例で結果、直接所有権移転取引の当事者同士になるという理由だけで、買主の地位の譲渡と同一に契約の当事者となるというものとはちょっと違うように思いましたが・・・・・

行政が受け付けてくれなくて、やみくもに時間が経過していくのも、依頼者の為にならないので、利益相反議事録を用意して印鑑証明書などを徴求してもらいました。

現在は、解消しましたが、最近も、本人確認情報における2号書類二点として「後期高齢者医療被保険者証」及び「介護保険被保険者証」を添付することが出来ないという法務局の見解があって、補正となっているとの情報がございました。

改善されることは有るかもしれませんが、法務局の見解に沿っていないと登記は受け付けられないのが現実です。慢心せず、気を付けた業務遂行を心掛けたいと思う今日この頃です。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2019/12/04 13:00:12

lastupdate at 2019/12/04 13:00:12

修正

 

 

Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)


Trackbacks

 


Comments

 


Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字


サイトマップ