債務整理、会社設立、相続/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2020 / 09   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Pageview

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2019/11/11 :: ◎九州博物館三国志展◎
先日、某会の研修旅行で、九州に行ってきました。

実は、この10年で、大宰府天満宮に3度目の訪問になりました。結構よく見る風景となってきました。

その隣にあるのが、国立九州博物館でございます。そして、今回は、特別展で三国志展がやってました。

!!$photo1!!

ここ数年、京都の不動産を沢山ご購入される中国人のおよそ1800年前の先祖たちのお話です。そんな前の遺跡から発掘されたものなどはるばる中国からやってきましたので、貴重な機会でした。

中学時代から三国志にゲーム、小説にはまり、高校時代には、東洋史学者を志すほど、好きだった三国時代の話。最近でも、神戸の関帝廟、三国志館など頻繁に訪れておりますなか、この特別展は、興奮しました。

!!$photo2!!

その時代の生活がどんなだったかなど考えながら、展示物を見ていると身震いがしました。
魏の創始者・曹操の墓の埋蔵品の展示や当時使われていた印章など、貴重かつ一生みることができないものが沢山ありました。

最近も中国人の方、中国人の会社が京都の不動産を購入する時に立ち会うことが多々ありますし、周りの司法書士の話でも、そういう取引でのトラブルについて質問があったりします。

中国の方にとっての三国志はどんなものなのかをリアルに、今度中国人の取引時に聴いてみたいと思いますが、大概、なんやかんやのトラブルや交渉、今後の流れなどで、時間がとられることが多く、そんな世間話をする余裕は我々には無いのが残念です。

中国の方名義の不動産を売却する取引も今後増えてきそうですし、相続登記も増えてくるでしょう。
時代と共、我々の業務もグローバル化が必要になってきているようになっております。

そんなことを考えながら、今後も三国志人気は廃れることなく、続いていき、また別の展覧会が開催されることを望みます。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託





all photo

Recent Diary

Recent TrackBack

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
«« @司法書士、行政書士と弁護士との違い〜業際問題についてA〜@ | main | ◎すごいご縁◎ »»
«« カテゴリ内前記事(◎エンディングノート◎) | その他 | カテゴリ内次記事(◎契約書作成業務◎) »»
2012/01/27

[その他]

◎出張遺言立会い◎

 

とある老人福祉施設に、公正証書遺言の2人の証人として立会いに行きました。

公証人も、公証役場に、お越しいただけない方の遺言については、出張をしてもらうことも可能です。意思さえしっかりしていれば、我々も証人として立ち会うことが可能です。今回、そのケースです。

公証人費用に若干の出張費用が加算されますが、ほとんど変わりません。

遺言を残されたことで、ほっと安心されたご様子で、私達としても、嬉しく思いました。

遺言は、思いが変われば、変更することもできますし、譲るつもりの遺産を自由に処分することも可能です。

遺言に拘束されることもないのです。

もっと気楽に、今の気持ちを形にしておくことで、遺族は救われます。

そして、遺言が使われることが、出来る限り先の話になるよう、長生きして
もらえたら何よりですね黄ハート

 

posted at 2012/01/27 0:01:17

lastupdate at 2012/01/27 0:01:17

修正

 

 

Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)


Trackbacks

 


Comments

 


Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字


サイトマップ