会社設立、相続、家族信託/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2020 / 04   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Counter
total : 1864781
yesterday : 1467 / today : 758

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack
◎ホームページ戦略◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/12/17 23:41:53
@買戻権@業務メモ
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/09/01 12:41:26
◎防災意識◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/08/22 12:48:04
@グラスゴーの奇跡@
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/29 21:52:12
◎土砂降り◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/23 23:26:22
◎リース終了◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/17 22:47:45
◎気さくな先輩司法書士◎
  └ 中野さん
         └ at 2012/06/21 15:42:33

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
2020/03/02

 

先日、京都司法書士会において『合同会社の運営について』の業務研修会がございました。

それによりますと、合同会社の設立件数は、毎年増加傾向にあるということです。昨年で株式会社9万社、合同会社3万社ということで、設立される方のうち、4分の1の方が、会社設立に当たって、合同会社を選択しているということです。

当事務所でも、だいたい、その割合で合同会社が増えてきているように思います。

出資持分に関係なく、1人1票であることや、社員名簿がなく、社員は定款記載事項であり、社員の死亡は、法定退社事項であるなど、株式会社とは、ちょっと違うことも多くございます。

株式会社では、払込金額の2分の1以上は資本金とする必要があり、必ず、資本金の額に変更登記が必要になりますが、合同会社の場合は、払込金額の2分の1以上を資本金としなければならないという制約はなく、会社判断で、資本金または資本剰余金に自由に振り分け可能なので、資本金の額にはまったく計上せず、全てを資本剰余金にすることも可能なので、登記が発生しない場合もございます。

持分払戻のやり方も、資本剰余金・利益剰余金の範囲内の場合であれば、債権者保護手続き不要、資本金・資本剰余金・利益剰余金・評価・換算差額等の範囲内である場合は、1ヶ月間の債権者保護手続きが必要だったり、その範囲を超える場合は、2か月間の債権者保護手続きが必要にあったりします。

持分の譲渡で処理することも多いだろうし、実務上出会う場面も稀だと思いますが、知らないより、知っていたっ方が絶対良い職種ですので、しっかり押さえておきたいところでした。


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2020/03/02 13:33:15
lastupdate at 2020/03/02 13:36:28
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2020/02/21

 


会社を設立する際に添付書類として、出資金の「払込みがあったことを証する書面」が必要です電球

ここでよくお客様からご質問いただくのが、

どの通帳に振り込めばよい?

ということです。


これまで、
出資金の払込みの通帳は、原則、発起人代表者の口座の通帳で、とされていました。
しかし、平成29年3月17日法務省民商第41号の通達で、

右向き三角1出資金の払込みを行う通帳の口座名義人は発起人に限らず、設立時取締役、設立時代表取締役でもOK
右向き三角1設立時の発起人及び設立時取締役の全員が日本国内に住所がないことが明らかな場合は、発起人及び設立時取締役以外でもOK
右向き三角1ただし、↑いずれの場合も、設立時代表取締役に払込金の受領権限を委任したことを明らかにする書面を添付することが必要

というように変わりました人差し指サイン

例えば外国人が設立をする際、日本の銀行で口座を持っていないような場合、これまでは外国人だけでは日本において会社を設立することはできませんでしたが、この法務省通達によって可能になっていますスパーク
(外国の方が関わる場合はいずれにしても、その他の部分ではやはりやや複雑ですが…たこ



【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2020/02/21 17:44:52
lastupdate at 2020/02/21 17:44:52
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2020/01/17

 

会社登記の役員変更で添付書類を間違いやすい事項

代表取締役の辞任の場合(取締役も退任する)

@代表取締役の辞任届には個人実印と個人印鑑証明書か会社実印
A新代表取締役の選任をした取締役会議事録か取締役決定書には取締役全員の実印+印鑑証明書が必要

代表取締役の辞任の場合(平取締役には残る)

@同じ
A新代表取締役の選任をした取締役会議事録か取締役決定書には前代表取締役が平取締役として会社実印を押印+他の取締役は認印でも可

役員変更は会社登記の中で一番件数が多いが、電話等で必要書類を問われた時に、間違えないようにしたい。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2020/01/17 0:07:10
lastupdate at 2020/01/17 0:07:10
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2019/12/28

 

定款を提出する機会に、設立時に定款認証してもらったものがないというケース結構ございますよね。

そんな時、認証時から20年以内であれば、公証人役場にて再交付を受けることができます。

その際、必要になるものは、履歴事項証明書、(もし商号が変更していた場合は、変更前のものも)印鑑証明書、会社実印となります。
どの公証人にてしてもらったか分かれば、検索もちょっとは早くなるのでしょうが、手作業となる為、2〜3週間かかるとのことです。

費用は、その枚数にもよりますが、1500円程とのことです。

今回、ご相談の法人は、平成9年設立ということで、廃棄ということで、発行出来ませんでした。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2019/12/27 15:11:36
lastupdate at 2019/12/27 15:11:36
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2019/12/20

 


平成30年3月12日より、商業・法人登記の登記申請を行う場合には、法人名のフリガナを登記申請書に記載することになっています鉛筆

登記申請書に記載したフリガナは、国税庁法人番号公表サイトを通じて、平成30年4月2日以降、順次公表されています。

注意登記事項証明書には記載されません。

なお、しばらく商業・法人登記を申請する予定がない場合には、「法人名のにふりがなに関する申出書」を管轄法務局に提出して、フリガナを登録することも可能です人差し指サイン

また、フリガナを誤って登録してしまった場合には、先ほどの「法人名のふりがなに関する申出書」を管轄法務局に提出すれば、いつでもフリガナを再登録することができます電球

特に登記申請書類の作成には全く影響がない部分ですが、この会社何て読むんだろう?という会社もあったりするので、読み方がわかるのはいいですねダンスきらきら




【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2019/12/20 18:09:09
lastupdate at 2019/12/20 18:13:24
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2019/12/17

 

当座預金しかないお客様が増資をするとき、払込を証する書面をどうしたらよいのか?

というのも、通帳がないので、払込を証する書面に足るものをどう用意したらよいかということです。

銀行にも確認しましたところ、取引明細証明書という書類がいつからいつまでの通帳の履歴に間違いないという証明を500円程度の手数料にて銀行の印鑑を押してもらった形で出るとのことでした。

なので、お客様には、増資手続きの払込期間の初日から末日までの期間で取引明細証明書をご手配頂くようにご案内いたしました。

そして、増資期間が満了し、ご印鑑を頂戴に、お客様の元に伺いましたところ、その取引明細証明書ではなく、残高証明書で用意をなさっておりました。
銀行の担当者がそちらを進めたらしいです。

これだけでは、登記は出来ないのは明らかでございますが、何とか手はないかと考えました。
出来れば、再度、お客様にご足労を願って取引明細証明書をご手配してもらわなくて出来る方法があればと考えて、いろいろと証明できそうな書類を出してもらって、下記の方法で申請を致しました。

残高証明書にしか銀行の印鑑がないことから、これは必須で添付しなければならない。その残高と一致する書類をということで、当座勘定入金通帳のコピーとパソコン画面を打ち出した、増資金額の入金が確認できて、その日付も、そしてその日の残高も明らかになっているプリントアウトしてもらったものを合綴して、割印をもらい、提出致しました。

残高証明書との合わせ技にて、登記は無事完了致しました。
登記官から何らか問い合わせや補正指示があるかなって覚悟の上、提出致しましたが、良かったです。

この案件を通して、有効や技ありを積み重ねて1本勝ちにする柔道の合わせ技1本に似たものを感じました。
残高証明書ではだめだって簡単にあきらめずに、チャレンジしてよかったです。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託



 

posted at 2019/12/17 17:29:18
lastupdate at 2019/12/17 17:29:18
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2019/11/15

 


先日、役員変更登記のご依頼があり、書類を作成していたのですが、謄本をよく見ると譲渡制限の規定がなく、「公開会社」でしたどんっ


公開会社とは、発行する全部又は一部の株式について、譲渡による当該株式の取得について株式会社の承認を要する旨の定款の定めを設けていない株式会社のことで、簡単に言うと、「定款に株式に関する譲渡制限の規定を設けていない会社」のことです。
つまり、1株でも譲渡制限を設けていない株式を発行していれば、公開会社ということになります。(会社法第2条5号)

(※特例有限会社には譲渡制限の定めがあるとみなされています。)

これに対して、

非公開会社とは、「発行する全部の株式について、定款に譲渡制限の規定を設けている会社」のことです。(会社法第2条17号)

さらに、公開会社と非公開会社では、株式を自由に譲渡できるかどうかの違いだけではなく、いくつかの点で違いがあるので、公開会社か非公開会社かの違いは重要なポイントといえます人差し指サイン


プッシュピン公開会社の場合

譲渡制限規定・・・なし
取締役会・・・設置しなくてはならない
監査役・・・設置しなくてはならない
会計監査のみの監査役の設置・・・バツ1(業務監査+会計監査)
役員の任期・・・取締役が最長2年監査役が最長4年
発行可能株式総数・・・発行済み株式の4倍まで
株式募集の決定機関・・・取締役会の決議
株主総会の招集通知期限・・・原則2週間以上前
株主ごとの各別の定め・・・バツ1


プッシュピン非公開会社の場合

譲渡制限規定・・・あり
取締役会・・・設置するかどうかは任意。(取締役1人からOK)
監査役・・・取締役会を設置する場合は必須設置しない場合は任意
会計監査のみの監査役の設置・・・○会計限定の定め決定
役員の任期・・・10年まで任期伸長決定
発行可能株式総数・・・発行済み株式の何倍でも決定
株式募集の決定機関・・・株主総会の決議
株主総会の招集通知期限・・・原則1週間以上前
株主ごとの各別の定め・・・○

etc…

などなど上記のように会社法で定められています鉛筆

非公開会社であれば、取締役は1人以上いればよく、取締役会や監査役の設置は任意ですが、公開会社では株主総会のほか、取締役会と監査役の設置が絶対必要となります。取締役会を設置するには最低3人以上の取締役がいなくてはいけないので、公開会社では取締役が3人以上、監査役が1人以上必要となりますね電球

また、非公開会社の場合、役員の任期を10年まで伸ばせますが、公開会社の場合は原則2年(監査役4年)となるため、役員変更登記の回数が多くなります目がまわる

現在、新しく設立されている株式会社のほとんどは非公開会社のようですが、昔からある株式会社などは公開会社のままの場合もあり、取締役会や監査役を廃止したい、監査役の業務を会計に限定したい、役員の任期を伸長したい・・・などの理由から、公開会社から非公開会社へ移行されることも少なくありません双葉

会社の定款や謄本を見てみて、気になる点があるようでしたらお気軽にご相談くださいませキャラ万歳きらきら




【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2019/11/18 12:08:46
lastupdate at 2019/11/18 14:52:02
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2019/11/08

 


役員変更の登記のご依頼いただいた際、注意しなければならないのが、監査役がいる会社の場合です。


平成27年5月1日、会社法が改正され、監査役を設置している会社のうち、監査役の権限が会計監査に限定されている場合、その旨を登記しなければならなくなりました。(会社法第911条第3項第17号イ

(有限会社の監査役については、当然に会計限定監査役の定めがあるものとみなされるので、この登記をする必要はありませんぴぃたろう


そもそも、株式会社の監査役には大きく分けて2つの職務があります。

@業務監査(取締役の業務執行が法律や定款の定めに従って行われているか、著しく不当な行為をしていないかの監査)
A会計監査(会社の作成する計算書類等が適正に処理されているかの監査)

原則は@の業務監査権限(+会計監査権限)ですが、定款で定めることによってAの会計監査権限のみに限定することができます。

これが「会計監査限定の定め」と言われるものです人差し指サイン

これまでは、登記簿を見ても監査役の氏名しか記載されていなかったので、その会社の監査役の権限がどこまであるのかが定款を見ないことにはわかりませんでしたが、この平成27年5月1日の改正以降は、登記簿を見ればその会社の監査役の監査権限の範囲がわかるようになりました。

ただし、会社法改正前から会計監査限定の定めがあった株式会社は、経過措置として、平成27年5月1日以降に初めて就任もしくは退任する監査役の登記と一緒にすれば決定とされています。(改正会社法(附則)第22条)

なので、現段階ではまだ登記をされていない会社もあるはずなので、登記簿に絶対記載されているとは言えませんねむしめがね

もちろん、これは猶予を設けていますよーという措置なので、絶対に監査役の登記まで待つ必要はなく、すぐに登記をしても大丈夫です星2

なお、
「会計監査限定の定めがある旨の登記」が必要となるのは、以下の条件に全て該当する株式会社です。

プッシュピン平成18年4月30日以前に設立された株式会社の場合

下三角3資本金が1憶円以下である。(旧商法時代の平成18年5月1日当時、資本金が1憶円以下であり、かつ負債の金額が200憶円未満)

下三角3発行する全ての株式に譲渡制限の規程がある。(平成18年4月30日以前から現在まで)

下三角3監査役の監査の範囲について、定款を変更していない。(平成18年5月1日から現在まで)

下三角3監査役会及び会計監査人を設定していない。

上記の条件を満たす会社は、実際の定款には「監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定め」が定められていなくても、その旨の定めがあるものとみなされているためです。


プッシュピン平成18年5月1日(会社法施行日」以降に設立された株式会社又は平成18年4月30日以前に設立された株式会社で、かつ平成18年5月1日以降に譲渡制限規定を設定した株式会社の場合

下三角3発行する全ての株式に譲渡制限の規程がある。

下三角3監査役会及び会計監査人を設置していない。

下三角3会計限定監査役の定めがある。


登録免許税は1件1万円ですが、役員変更と税額区分が同じなので、他の役員変更の登記と一緒にすればあわせて1万円でOKです電球(資本金が1億円を超えない場合)

お気軽にご相談くださいませキャラ万歳スパーク





【優司法書士法人関連サイト】

司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2019/11/11 16:51:31
lastupdate at 2019/11/11 16:51:31
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2019/11/07

 

最近、法務局から会社の登記がずっとされてない法人について、通知が来ているようですね。
また、登記懈怠で過料が来ている会社様より、最近やたら連絡があります。

登記事項が発生して2週間以内に登記しなければならない所、していなかった場合にくる行政罰でございます。1年遅れて2万円くらいが相場ではないでしょうか。5年で10万円といった所でしょうか。勿体ない話です。

そんなことを失くす為、任期管理は自己責任でということでお願いしたい所ではございますが、そこを管理してご案内をして差し上げることが出来れば、そこは付加価値のあるサービスだと思います。

以前であれば、2年に一回必ずあった役員改選の時期ですが、現在は、定款規定により、10年に一回となっております。そうなると、管理しようにも管理コストもかかります。

そこもシステマチックに管理できれば、有難い話だろうなって思います。
司法書士専用ソフトでも任期管理ができるようにはなっているのですが、もう一つ使いこなせていない現状です。


我々も法人化して12年経過するので、10年前以降に設立した会社が続々と任期満了を迎える時期になっております。自動化のシステムの導入を当事務所では検討中でございます。
完成しましたら、またご案内いたします。

取り急ぎ、会社を経営されている方、総務の方などは、会社の登記簿を一度ご確認いただいて、役員の任期が満了していないかどうかを確認してみて下さい。

それを見て、任期が切れているのか、切れていないのか分からなければ、顧問の税理士さんやいつも登記を担当している司法書士さん、もしくは当事務所までご相談下さい。


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託



 

posted at 2019/11/07 14:19:14
lastupdate at 2019/11/07 14:31:06
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2019/10/11

 

クラウドファンディングを使った資金調達は近年増えてきましたが、最近、株式投資型クラウドファンディングというものを聞きました。

クラウドファンディングは資金を提供する代わりに何かしらの物品や権利等のリターンがあるものが多いですが(寄付型もあります)、そのリターンが株式になるとのことです。

上場や公開会社にしなくても不特定多数から資金調達できるため、ベンチャー企業や中小企業も実施できるが魅力だそうです。

出資を募って事業をして利益がでたら出資者に還元するという株式会社本来の仕組みを活かし、新しい起業・事業を活発にするためにも、普及されるべき方法の一つであると感じましたうれしい顔

資金調達の方法として商業登記も関わってくるケースですので、また楽しみです。


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2019/10/11 17:27:55
lastupdate at 2019/10/11 17:28:21
修正
comments (0) || trackback (0)
 


サイトマップ