会社設立、相続、家族信託/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2011 / 04   «« »»
01
F
02
S
 
03
S
 
04
M
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Counter
total : 1663973
yesterday : 286 / today : 216

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack
◎ホームページ戦略◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/12/17 23:41:53
@買戻権@業務メモ
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/09/01 12:41:26
◎防災意識◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/08/22 12:48:04
@グラスゴーの奇跡@
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/29 21:52:12
◎土砂降り◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/23 23:26:22
◎リース終了◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/17 22:47:45
◎気さくな先輩司法書士◎
  └ 中野さん
         └ at 2012/06/21 15:42:33

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
2011/04/21

 

登記の目的 4番賃借権の1番抵当権、2番抵当権、3番根抵当権に優先する同意

原因 平成23年4月21日同意

権利者 賃借権者

義務者 1番抵当権者
    2番抵当権者
    3番根抵当権者

登録免許税
賃借権、抵当権、根抵当権の個数1個につき1000円

2筆の土地に@抵当権A抵当権B根抵当権C賃借権の4つの登記がされており、2筆を一括して申請する場合、8000円となる。

 

posted at 2011/04/21 18:42:27
lastupdate at 2011/04/21 18:42:27
修正
comments (1) || trackback (0)
 
2011/04/08

 

本日、丸和商事より再生手続開始申立てのお詫びと債権者説明会のご案内ならFAXが当事務所にぺらっと来ました。

丸和商事の債権者(スルガ銀行や過払金請求権者など)は全額回収は不可能になり、大幅に減額されることが予想されます。

無担保の貸し出しの169億円について回収不能見込みとスルガ銀行のHPに
UPされてました。

今後の情勢に注目しなければなりません。

 

posted at 2011/04/08 18:51:03
lastupdate at 2011/04/08 18:51:03
修正
comments (0) || trackback (0)
 

 

判決にて完全勝訴を勝ち取っても、権利が実現されなければ、判決書も紙くずに過ぎません。

紙くず覚悟でも、判決をとるのも一つですし、相手方の希望に相当の妥協をするもの一つです。

判決が出たにもかかわらず、『払えません』の一点張りの時や、『1割にまけて』と訴え提起前の状況と何も変わらない反応とか、そういうケースもなかにはあります。

そんな中、依頼者によっては、当然の権利として、駄目もとでも、強制執行をも辞さない方もいらっしゃいますし、相手方の状況を踏まえて、早期に解決する為、妥協を選択される方もおります。

そんな中、先日、判決をもらった2件のケースで、同じタイミングにて強制執行の申立てをする機会がございました。

その結果は、1勝1敗で、一つについては、金額が小額にて、債権額に満たされておらずしかも、差押競合にて供託の払渡しというものと、満額回収成功という両極端の結果になりました。

失敗に終わった方は、配当期日を待って、一部取下げをして、更なる執行手続きを続けなければなりません。
手間と時間が掛かるが、依頼者の権利実現の為、やるしか他ありません。


 

posted at 2011/04/08 17:17:25
lastupdate at 2011/04/08 17:17:25
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/04/04

 

とある社長からの相談。

遺言を残したい。

揉めないと信じてはいるが、自分亡きあとの道しるべとしての遺言を所望。

当然、公正証書遺言をお勧めするのだが、本人は、大げさにしたくはないとのこと。

自分で書いて、金庫にしまっとく自筆証書遺言を希望。

検認の手続きが必要にはなるが、遺言としての効力は、要件さえ間違ってなければ、公正証書遺言と一緒である。

保管の問題や、遺言意思について問題等あるが、とりあえず残すだけなら、自筆証書遺言を残すのもありではある。

 

posted at 2011/04/08 19:00:24
lastupdate at 2011/04/08 19:00:24
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/04/01

 

本日から、選挙カーが街中を駆け巡る地方選挙運動が始まり、賑やかな様子です。

我々の業務に関する登録免許税の特別措置についても、なんとか昨日につなぎ法案が成立し、ほとんど、6月末まで延長されることになりました。

しかし、本日からは、昨日平成23年3/31までとは異なり土地についての売買による所有権移転の登録免許税の税率〈措置法72条)は10/1000から13/1000に変更され、会社分割による根抵当権移転の登録免許税の税率(措置法81条1項4号)が1.4/1000から1.8/1000に変更されます。

10/1000の時は、登録免許税の見積りが暗算でできていたのですが、13/1000になると、計算機必須です。


そして、登記簿謄本の手数料が1000円から700円に値下げになり、今まで我々とは切っても切れない登記印紙ではなく、収入印紙でも納付ができるようになりました。

そして、本日、京都の嵯峨出張所にて、地積測量図を手配しに行ったのですが、法務局より委託された新しい業者さんによる登記簿・図面の交付が開始されておりました。
今日からということで、なかなかスムーズにいっていないようで、いままでであれば、5分も掛からない調査が、1時間程掛かる始末でした。

そんな状況でしたので、法務局内の人口は多く、いつもは結構あいている駐車場も、列ができるほどの混雑振りでした。

今日は初めてということなので、暖かく見守りたい気持ちですが、業務がスムーズにすすむ事を心より期待したいですスマイルフェイス

 

posted at 2011/04/01 15:35:00
lastupdate at 2011/04/01 15:35:00
修正
comments (0) || trackback (0)
 

 

このたびの東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々に対し、謹んで哀悼の意を表するとともに、厳しい状況に置かれている被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧・復興を心よりお祈りしております。

未曾有の大惨事であり、国難であります。

こちら関西地方でも建築資材の仕入れが滞っているという声を聞く機会が増えております。おそらく日本経済全体に影響がでてくるものと思われます。

日本が復興に向けて一つになり、自分に何ができるのかを考え、小さなことでも、自分にできることをしていきたいと思います。

がんばりましょう!!

 

posted at 2011/04/01 12:43:28
lastupdate at 2011/04/01 12:43:28
修正
comments (0) || trackback (0)
 


サイトマップ