会社設立、相続、家族信託/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2011 / 09   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
10
S
 
11
S
 
12
M
13
T
14
W
15
T
16
F
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
21
W
22
T
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
27
T
28
W
29
T
30
F
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Counter
total : 1699117
yesterday : 111 / today : 029

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack
◎ホームページ戦略◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/12/17 23:41:53
@買戻権@業務メモ
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/09/01 12:41:26
◎防災意識◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/08/22 12:48:04
@グラスゴーの奇跡@
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/29 21:52:12
◎土砂降り◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/23 23:26:22
◎リース終了◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/17 22:47:45
◎気さくな先輩司法書士◎
  └ 中野さん
         └ at 2012/06/21 15:42:33

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
2011/09/30

 

昨日、面白い方とお会いしました。

その方は、プラスのエネルギーがビンビン伝わってくるような方でしたスパーク2

そういう方とお話をしてると、こちらもプラスエネルギーが出てくるようで楽しい気持ちになります富士山

プラスエネルギーを持った方とお会いするには、自分もそういうプラスエネルギーを持つ必要があります。引き合わせてもらえたのは、そんなエネルギーが私どもの事務所にきっと、あったのでしょうチョキ

私どもの事務所に任せてもらったら、依頼者の方が、プラスエネルギーを放ち、幸せな気分になって帰ってもらえるようなそんな事務所を作っていきたいと考えておりますキャラ挙手

 

posted at 2011/09/30 0:03:24
lastupdate at 2011/09/30 0:03:24
修正
comments (1) || trackback (0)
 
2011/09/29

 

大相撲の新大関が誕生しました。

「万理一空(ばんりいっくう)」。大相撲の大関昇進を決めた琴奨菊関が昨日28日、口上で使った四文字熟語。

 これは、宮本武蔵の「五輪書」の中にある「山水三千世界を万里一空に入れ、満天地とも攬る」という一節から取ったもの。この意味は、常に冷静な気持ちを保って事にあたるという、状態にあるべきだと指南したものだそうです。

 現在では、空は一つという解釈もなされ、一つの真理や目標に向かって精進し続けていくという意味で使われることも多々あるそうです。


自分の生きる道がこれでいいのか、他人と比べたり、自分の至らなさを悔いたりしちゃうことありますよね。


『ひとつの目標に向かって迷いなく努力をし続けていくこと』


大事なことなのに、なかなかできないことです。


いい言葉だと思いました人差し指サイン

 

posted at 2011/09/29 9:42:01
lastupdate at 2011/09/29 9:42:01
修正
comments (0) || trackback (1)
 
2011/09/28

 

先日、ご相談を受けた方【Bさん】の話。

まだ生きていらっしゃるある方【Aさん】の今後発生する相続についてのご相談です。

AさんはBさんのおじいさん。Aさんの一人っ子の子供である【Cさん】(Bさんのお母さん)は亡くなられているとのこと。
Aさんの奥様も亡くなられているとのこと。

何の資料もなく話をお聞きする限り、万一Aさんが亡くなられた場合、代襲相続人としてBさんが相続するパターンです。念のため、次回、戸籍類を見せて下さいとお伝えしておりました。

そして後日、戸籍を持ってきてもらうと、なんと、おかあさんCさんは、Aさんの養子であり、養子縁組の日がBさんの出生の後だったのです。

ということは、Bさんは養子縁組前の子ということになり、BさんはAさんの代襲相続人にはなれません。つまりは、Aさんが亡くなっても相続できないという状態になるのです。

Aさんの何もかもの面倒をみているBさん。亡くなったら、Aさんの兄弟姉妹もしくは甥姪が相続人になるというのは悲しい現実です。

ただ救いは、現在、Aさんがご健在ということです!!

Aさんの意向にもよりますが、Aさんに財産をBさんに遺贈する旨の遺言書を書いてもらうことをお薦めしました。

AさんとBさんで養子縁組をすることの提案も一考しましたが、AさんとBさんの苗字が異なり、戸籍上の筆頭者のBさんには配偶者・子供もいることから自重しました。

戸籍を見てみないと相続人が誰であるかを断言できないということを身に染みて感じることとなりました。


我々の信じるものは、公的証明のみ!!やっぱり、これが基本ですねうれしい顔

遺言書を書くのが基本の世の中になったら、いいのですが・・・涙ぽろりネコ

 

posted at 2011/09/28 0:21:33
lastupdate at 2011/09/28 0:21:33
修正
comments (20) || trackback (0)
 
2011/09/27

 

☆2回目以降の債権執行☆

1回目の強制執行が空振りに終わった場合(口座がないか、残金が小額だった場合)には、他の銀行口座等がわかっていたら2回目の強制執行をします。
1回目に小額でも債権を回収できた場合、債権取立届(1通)、取下げ書(債務者+第三債務者の数+1通)、債務名義還付申請書(1通 請書付きのもの)と郵便切手80円×(債務者+第三債務者の数)を提出します。債権をまったく回収できなかったときには債権取立届は不要です。
そして返ってきた債務名義と送達証明書をつけて、1回目と同じように債権執行の申立をします。
もし、1回目と2回目の執行裁判所が同じである場合には、債務名義還付申請書等と債権執行申立書を同時に提出することができます。
ちなみに2回目の債権執行だからといって、執行費用に1回目の資格証明代や郵送代を上乗せすることはできないそうです。

 

posted at 2011/09/27 16:55:57
lastupdate at 2011/09/27 16:55:57
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/26

 

先日、娘の運動会を見に行きましたマラソン

応援合戦なんかは非常に懐かしく、そして、応援団長は、いつの時代も輝いててかっこよかったです花丸

エールの交換で、他の組を応援する姿は、感動しました親指サイン

切磋琢磨して、お互い成長できる競争は、大人になっても大事なことだと思います目がまわる

そんな仲間と仕事をしていきたいと強く思いましたキャラ挙手

 

posted at 2011/09/26 19:12:40
lastupdate at 2011/09/26 19:12:40
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/22

 

@本日、昼下がり、ぶらっと近くの定食屋にて昼食を食べに行くと、同期合格のM先生に遭遇。法務局で見ることはないのですが、その店では結構会える先輩です。

ごいっしょさせていただきました。常に仕事のことが頭にある状態、登記に関してはストイックに完璧を求めるスタンスは見事です。
日常の業務のご様子をお聞きすると、やっぱり頑張ってはるな-って感じ。

刺激になります。昼だけでなく、久しぶりにいっしょに飲みに行きたくなりましたうれしい顔


A先日、伏見の法務局で、存在感抜群のH先生にお会いしました。
私が司法書士になったときから、存在感抜群の大先輩です。
この司法書士になって11年で何度か、取引立会いでご一緒させて頂いておりましたが、そんなにお話をしていないのですが、突然、

『司法書士になってよかったか?』

と、声をかけて頂きました。

私は、その問いかけにびっくりして、答えに詰まってしまいました。
さらに、

『君達に司法書士になってよかったって思えるように僕らも頑張ってきたんだけどな−』

とおっしゃっておられました。

司法書士になって11年になって、そんな質問をされたことにも驚きましたが、今は自信をもって言えます!!

『司法書士になってよかった』と。

さらに今後は、後輩司法書士や司法書士を目指してる方に、司法書士は、すばらしい仕事であるということを実証できるよう精進していきたいですダンス

 

posted at 2011/09/22 23:45:10
lastupdate at 2011/09/22 23:45:10
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/21

 

最近、仕事以外の場所で、人に会う機会が非常に多いのですが、『司法書士って何してるんですか?』とか『TVCMの過払い返還してる仕事ですね』『カバチタレですよね』という声が多いことにびっくりしてますびっくり

今まで、日常的にお会いする人は銀行の方、不動産屋さん、家を購入する方、他士業の方。よく考えると、司法書士を知ってはる人と仕事をしてる訳であんまり考えてもみなかったが、業界全体の情報発信が足りてないのか、興味を持たれない仕事なのかは分からないが、この仕事をより多くの方に知っていただき、是非、利用して頂いて、幸せになってほしいと思うに至りました電球

そこで、小さなことから自分にできることとして、司法書士についての情報発信をでき得る限りしていこうと思いますスパーク



特大四角2本日は、今日一日の当事務所司法書士の動きを紹介します。

AM9:00  お客様事務所 書類届け
AM10:00  当事務所 書類チェック・電話対応
      【相続登記のご依頼】
AM11:00  法務局にて物件調査
AM11:30  銀行に物件調査書類届け
PM12:00  当事務所 書類チェック・電話対応
      【借換案件・つなぎ融資案件・役員変更登記のご依頼】
PM2:00  住宅ローンの借換えのお客様宅にて契約立会い
PM3:00  資産家社長宅へ賃貸借契約書届け
PM4:00  当事務所 電話対応【会社設立登記のご依頼】
PM6:00  来客 書類お渡し
PM6:00  セミナー受講
PM8:00  当事務所 

そして、これから、明日お客様にお渡し予定の17連件の相続・贈与登記の書類チェック・・・もうちょっとだ、ガンバロウ!!


何人位の方がこの記事を見られるのか分かりませんが、ちょっとは司法書士に興味を持っていただければ幸いですキャラ挙手          

 

posted at 2011/09/21 21:11:30
lastupdate at 2011/09/21 21:16:02
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/20

 

我々の不動産登記業務で、一番大事になってくるのが、人、物、意思の確認です。

@人というのは、本人であるか。他人のものを勝手に処分していないか。例えば、母親の不動産を息子が処分していないか。

A物というのは、不動産に間違いはないか。どの物件を売却するのか。

B意思の確認というのは、本人の意思として、売却の意思があるのか。いわゆる老人の方の意思能力の問題にかかわる確認です。

いままで、いろいろな不動産取引に立ち会ってきた中で、一番難しいのは、B意思確認です。

@については、本人確認資料を基に本人であることを確認することを徹底して、本人であることは確認できます。Aについても、確認をした上で、書類にご署名、ご捺印を頂きます。

しかし、Bについて、相手がお年を召した方である場合、ただ1回お会いするだけで、しっかりとした意思があるのか判断に迷うケースが結構あります。

迷った時に後見制度を進めたりするわけですが、意思能力ある方の権利を奪うことにもなりかねないこの制度は最後の手段になります。


本日は、売買契約締結前の所有者(売主)の意思を確認して欲しいとの依頼の元、とある特別養護老人ホームにお邪魔してまいりました。
大変お年を召されていらっしゃいましたが、会話は成立するという状況でした。ただ、短時間での面談でその方の意思能力があるかどうかは、分かりよう
がありません。
そこで、日常をご存知の主治医の先生、施設のケースワーカーの方に、状況を確認いたしましたところ、お二方とも、『急変がない限り、意思能力に問題ない』との意見でした。
ここまで、はっきり回答して頂けると助かります。

売買契約、決済の際、再度、意思確認は必要かとは思いますが、現状維持さえ出来ていれば意思確認は可能と判断致しました。現状維持を心から願っております。
本当は関係ないことですが、後日の紛争が生じないように、念のため、推定相続人全員の了解はとっておかれることを、その一人にはお伝えしておきました。

高齢の方の財産処分が益々増えてくる中で、主治医の先生が、今回面談してくれたのでよかったのですが、それが叶わないケースは相当悩ましい仕事となりそうな気がします青ざめ

 

posted at 2011/09/20 18:01:28
lastupdate at 2011/09/20 18:01:28
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/16

 

我々の仕事では、トップシークレットの情報を扱うケースが多くございます。

そんな情報はもちろんですが、個人情報についても、情報管理を徹底しなければなりません。

情報の大事さを肝に銘じなければなりません。

気を引き締め、情報管理にあたりたいと思います錠前

 

posted at 2011/09/16 20:36:23
lastupdate at 2011/09/16 20:36:23
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/15

 

SFコーポレーションからのお知らせhttp://sf-corp.jp/news/20110913.html

 

posted at 2011/09/15 12:43:24
lastupdate at 2011/09/15 12:43:24
修正
comments (1) || trackback (0)
 


サイトマップ