会社設立、相続、家族信託/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2018 / 08   «« »»
01
W
02
T
03
F
04
S
05
S
06
M
07
T
08
W
09
T
10
F
11
S
12
S
13
M
14
T
15
W
16
T
17
F
18
S
19
S
20
M
21
T
22
W
23
T
24
F
25
S
26
S
27
M
28
T
29
W
30
T
31
F
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Counter
total : 1663821
yesterday : 286 / today : 064

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2018/08/31 :: ◎認知症になると資産が凍結される!?◎
先日、日経新聞に『認知症患者、資産200兆円に』『30年度 マネー凍結懸念、対策急務』という記事が一面に掲載されていました。

記事によると、2030年度には、認知症患者の保有する金融資産が今の1.5倍の215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそうであると。

認知症になると資産活用の意思表示が難しくなり、お金が社会に回りにくくなる。国民総生産GDPの4割に相当するお金が凍結状態になれば、日本経済の重荷になりかねないとのことです。

本人の為の入院費用であっても、本人の意思が確認できなければ、預金の引き出しができず、預金が凍結するケースが増えてきております。不動産の活用も凍結し、空き家、空き地も増えてきてしまいます。

政府の高齢社会白書によると65歳以上の認知症患者は15年に推計約520万人。3年間で50万人増えていて、30年には最大830万人に増え、総人口の7%を占めると予測されております。

こうなると、益々、預金凍結、不動産凍結されるケースが増えることが予想されます。
凍結を解くためには、成年後見人を選任し、本人の代わりに財産管理をしてもらうことになります。
ただ、現時点の制度利用は約21万人と認知症高齢者の5%にも満たない状況です。この理由としては、核家族化により後見人になる親族が近くにいないであったり、弁護士や司法書士など専門職後見人にすると最低でも月2万〜3万円の報酬を払い続けなければならないので、収入や資産が少ない高齢者には負担が大きいからです。また、家庭裁判所への毎年報告の手間と、本人の為以外にお金を使うことこが基本的にできなくなる(相続税対策が出来なくなる)ことも理由となります。

そこで、お薦めできるのが、認知症になる前に本人と家族で資産活用について予め定めを結ぶ家族信託という仕組みでございます。信頼する家族に資産を託して、自分の財産を自分の為に管理してもらうという制度です。

信頼関係のない他人が関与してくる可能性があり、しかも費用も亡くなるまで継続的に掛かっていき、本人の為にしかお金が使えなくなる後見制度より、初期設定費用は、掛かりますが、継続的な相続税対策、スムーズな資産承継対策ができる家族信託の方が得策というご家族も多く存在していると思います。

ただ知らないというだけで、家族信託のような有効な手段が検討もされないことが非常に悲しい現実です。

そういうこともあり、もっと、家族信託の制度利用者が増えてほしいという思いから、当事務所では、家族信託の専門サイトを運営しております。
!!$photo2!!



[:下矢印1:][:下矢印1:][:下矢印1:][:下矢印1:][:下矢印1:][:下矢印1:][:下矢印1:][:下矢印1:]クリックして是非ご覧ください!

みんなの家族信託

実際当事務所で受託した解決事例や活用事例を数多く紹介しており、今後もしていきたいと考えております。!!$img1!!

認知症対策・相続対策について、お気軽にご相談下さい!!

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託



all photo

Recent Diary

Recent TrackBack
◎ホームページ戦略◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/12/17 23:41:53
@買戻権@業務メモ
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/09/01 12:41:26
◎防災意識◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/08/22 12:48:04
@グラスゴーの奇跡@
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/29 21:52:12
◎土砂降り◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/23 23:26:22
◎リース終了◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/17 22:47:45
◎気さくな先輩司法書士◎
  └ 中野さん
         └ at 2012/06/21 15:42:33

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
2018/08/31

 

先日、日経新聞に『認知症患者、資産200兆円に』『30年度 マネー凍結懸念、対策急務』という記事が一面に掲載されていました。

記事によると、2030年度には、認知症患者の保有する金融資産が今の1.5倍の215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそうであると。

認知症になると資産活用の意思表示が難しくなり、お金が社会に回りにくくなる。国民総生産GDPの4割に相当するお金が凍結状態になれば、日本経済の重荷になりかねないとのことです。

本人の為の入院費用であっても、本人の意思が確認できなければ、預金の引き出しができず、預金が凍結するケースが増えてきております。不動産の活用も凍結し、空き家、空き地も増えてきてしまいます。

政府の高齢社会白書によると65歳以上の認知症患者は15年に推計約520万人。3年間で50万人増えていて、30年には最大830万人に増え、総人口の7%を占めると予測されております。

こうなると、益々、預金凍結、不動産凍結されるケースが増えることが予想されます。
凍結を解くためには、成年後見人を選任し、本人の代わりに財産管理をしてもらうことになります。
ただ、現時点の制度利用は約21万人と認知症高齢者の5%にも満たない状況です。この理由としては、核家族化により後見人になる親族が近くにいないであったり、弁護士や司法書士など専門職後見人にすると最低でも月2万〜3万円の報酬を払い続けなければならないので、収入や資産が少ない高齢者には負担が大きいからです。また、家庭裁判所への毎年報告の手間と、本人の為以外にお金を使うことこが基本的にできなくなる(相続税対策が出来なくなる)ことも理由となります。

そこで、お薦めできるのが、認知症になる前に本人と家族で資産活用について予め定めを結ぶ家族信託という仕組みでございます。信頼する家族に資産を託して、自分の財産を自分の為に管理してもらうという制度です。

信頼関係のない他人が関与してくる可能性があり、しかも費用も亡くなるまで継続的に掛かっていき、本人の為にしかお金が使えなくなる後見制度より、初期設定費用は、掛かりますが、継続的な相続税対策、スムーズな資産承継対策ができる家族信託の方が得策というご家族も多く存在していると思います。

ただ知らないというだけで、家族信託のような有効な手段が検討もされないことが非常に悲しい現実です。

そういうこともあり、もっと、家族信託の制度利用者が増えてほしいという思いから、当事務所では、家族信託の専門サイトを運営しております。
◎認知症になると資産が凍結される!?◎



下矢印1下矢印1下矢印1下矢印1下矢印1下矢印1下矢印1下矢印1クリックして是非ご覧ください!

みんなの家族信託

実際当事務所で受託した解決事例や活用事例を数多く紹介しており、今後もしていきたいと考えております。◎認知症になると資産が凍結される!?◎

認知症対策・相続対策について、お気軽にご相談下さい!!

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2018/08/31 0:00:08
lastupdate at 2018/08/31 0:00:08
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/30

 

当事務所の京都事務所は、京都公証人役場の隣のビルにございます。

それもあってか、公証人絡みのお仕事が非常に多いように感じます。

会社設立における定款認証業務、公正証書遺言作成業務、家族信託公正契約、事業用借地権設定契約などなど、今月だけでも、毎日のように、公証人役場との連絡のやり取りをさせて頂いております。

隣ということもあり、公証人がスケジュールいっぱいの日であっても、ゴリ押しで、『朝一番に顔出してもらったら、出来上がったら、連絡するし取りに来て』とか『公証人が開いたタイミングで連絡するし、その時すぐ来て』とか、通常の司法書士では対応できてないであろう速さで、公証人絡みのお仕事をさせて頂いているのではなかろうかと思います。

大急ぎの会社設立などございましたら、対応させて頂きますので、是非ご相談下さい。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2018/08/30 0:00:23
lastupdate at 2018/08/30 0:00:23
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/29

 

先日、取引の立会で、司法書士になりたての18年前から開業前まで8年間お世話になった師匠の司法書士の事務所の傍を通った際、たまたま、師匠もお帰りで、偶然お出会い出来ました。

若いころ、師匠の先生のおかげで、司法書士とは何ぞやということをよく考えさせて頂きました。

御変りの無いご様子に安心しました。

逆に、ちょっと痩せたんじゃないか?ってお気遣いまでして頂き、嬉しく思いました。

とても、忙しい事務所であり、結構自分にまかせてもらえる環境でしたし、いろいろご指導頂いたり、経験を積ませていただいたおかげで、同年代の司法書士より様々な経験をさせて頂けたのではないかなって今では思います。師匠の先生及び出身事務所には感謝しかございません。

率直に、今後も師匠の先生及び事務所の名に恥じぬよう、事故なく精進を続けてまいりたいと思いました。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託



 

posted at 2018/08/29 0:05:23
lastupdate at 2018/08/29 15:55:07
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/28

 

住宅ローン等金融機関にお金を借りて、抵当権を設定した後に債務者が亡くなった場合、どのような手続が必要になるでしょうか見る

仮に、亡くなられた方(夫)をX、相続人である妻と子供2人をそれぞれ妻A、子供B、Cとし、妻Aのみで債務を引き受けたい場合で考えてみます...鉛筆

通常、金銭債務は相続開始(亡くなられた日)と同時に各相続人にそれぞれの相続分に応じて承継されます。
例えば、夫Xの債務が1000万円残っていれば、妻Aに500万円、2人の子供B、Cにそれぞれ250万円ずつの債務が承継されることになります。


今回のように妻A1人に債務を承継させるには、

1.相続を原因として、該当物件の所有者をXから移す所有権移転
2.抵当権の債務者をX→Aに変更する抵当権変更

の登記をすることになります双葉

なお、この抵当権変更登記については以下の2つの方法が考えられます。

(1) 遺産分割
(2) 債務引受契約

(1)の方法では、債務の相続について相続人同士で遺産分割協議をし、そのことについて抵当権者である金融機関の承諾を得られれば、直接Aを債務者とする変更登記ができます。

(2)の方法では、相続人A、B、C全員で一旦債務を承継した後に、遺産分割協議ではなく債務引受契約によって債務者A、B、C→A1人を債務者とする登記をします。この方法では、まず相続を原因としてX→A、B、C全員を債務者とする抵当権変更登記をした後、更に債務引受を原因としてB、Cの債務をAが引き受けたとする債務者A、B、C→債務者Aとする抵当権変更登記をすることとなり2回の抵当権変更登記が必要となります。

いずれの場合も、抵当権者である金融機関と共同で申請することになり、前提としてそれぞれの金融機関の承諾が必要となるので、相続人同士だけで「この人を債務者にします」と決めることはできません。
実務上、金融機関がとる方法は(2)が多いようです電球

上記のような抵当権が設定されておらず債務者変更が不要な場合でも、相続が発生した後登記をせずに長期間放置すると相続関係が複雑になり、より時間もコストもかかることになるので、早めに手続きすることが大切です。

何かございましたらぜひ当事務所までご相談くださいませキャラ万歳風船



【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2018/08/28 0:00:45
lastupdate at 2018/08/28 0:00:45
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/27

 

先日、ある異業種交流会の例会で、数分のスピーチをさせて頂く機会がございました。

その際、参加者の方に「この中で、家族信託をご存知の方いらっしゃいますか?」と聞いてみたところ、30人中2人しかご存知の方はいらっしゃいませんでした。

情報が沢山入ってくる経営者の集まりでです。
しかも、知っていたのは、弁護士の先生と金融機関の方だけでした。
手を挙げてくれなかった別の弁護士さんもいらっしゃいましたので、余程の認知度の低さであることが露呈されました。

ただ、我々の事務所では、家族信託を推進していることもあり、毎日のように家族信託の話が飛び交っています。
以前に比べたら、かなりの認知度が高くなっている実感がございます。
司法書士会でも、民事信託に関するアンケートが来たり、研修会が集中的に行われたりしております。
今後益々、増えてくると思っております。

ケースバイケースではございますが、選択肢の一つとして検討するのに価値のある制度だと思います。

当事務所としても、ところかまわず、家族信託の話をして、少しでも認知度を高めて、喜んでもらいたいと思っております。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託



 

posted at 2018/08/27 0:00:00
lastupdate at 2018/08/27 0:00:00
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/26

 

こんにちは、台風が多発していて不安定な気候ですね。
雨より風が怖い柳谷です。


先日、家に帰ってテレビをつけると「相続や遺産分けについて、親にどう切り出すべきか」ということをやっていました。
遺産のことは気になるけど、その話をしたら「老いぼれと思っているのか」「金が欲しいのか」「もうすぐ死ぬと思っているのか」などと親が怒り出すかもしれないのでなかなか切り出せない、という問題でした。


確かに、はつらつとした元気な高齢者の方々はたくさんいらっしゃるし、突然死んだ後のことを子供から切り出されたらびっくりされるかもしれませんね。

でも、「元気なうちだからこそ」話し合わないといけない話題です。

では、どんな風に切り出すのがいいのでしょうか。


一番いい切り出し方は「自分たちの話ではないように話を切り出す」ということでした。

「昨日、テレビで見たんだけど相続でこんな問題があるんだって」
「〇〇さんのところでは介護をしているけど、こんな遺言がなされていたんだって」
「△△さんの兄弟、家をどうするかでもめてるそうだよ」
「法改正で相続税がかかる人がふえたらしいよ」

などです。


そこで日常会話をしてから、「そうそう、うちではどう考えてる?」という風に話を進めていくといろいろ話ができそうですねうれしい顔

また、「銀行に行ったらそこの銀行員の人に信託をすすめられたよ」や、
「知り合いの司法書士の先生が相続税について教えてくれたんだけど」など、「専門的な知識を持つ知り合いから聞いたんだけど」、という風に話をし出すのもいいかもしれません。



私もそろそろ話し合わないといけないのですが、やはり元気な両親を見ていると現実的な問題でない気がして、なかなか話し合うことができなのが本当のところです。


また近いうちに親とそんな話し合いを持つことができたら、こちらにてご報告いたしますウィンク



【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2018/08/26 0:02:29
lastupdate at 2018/08/26 0:02:29
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/25

 

有限会社が株式会社になるには商号変更による設立登記を申請します。

この申請の際に役員も変更することがあるのですが、その場合、取締役については商号変更をした株主総会議事録において選任します。

ただ商号変更の効力発生日は登記申請の日になるので、「商号変更の効力の発生を条件として」承諾をします。

次に、代表取締役は、取締役会非設置会社では定款の規定により取締役の互選で選ぶことが多いのですが、申請前には商号変更後の取締役がまだ選任承諾していません

そこで、変更後の定款に記載することになります。

申請書に添付する定款の附則に
(商号変更後の最初の代表取締役)
  第1条に定める商号の効力発生後の最初の代表取締役は〇〇〇(住所 京都市〇〇〇)とする。
  上記定款は京都市〇〇〇有限会社〇〇の商号を変更して設立する株式会社〇〇につき作成したものであって、商号変更の効力を生じた日からこれを施行するものとする。

  と記載します。

これで、商号変更と同時に代表取締役を選任することができます。

商号変更による設立の場合には、互選ではないのでご注意下さい。


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2018/08/25 0:00:38
lastupdate at 2018/08/25 0:00:38
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/24

 

こんにちは。
少しずつ暑さが和らいできて過ごしやすくなってきましたね。
嬉しいけど、ちょっと寂しく感じている柳谷です。


先日お盆に家族で出かけたのですが、帰りに高速を走っているとふらふらと危険な運転をしている車が前に走っていました。
よく見ると高齢者のおじいさんが運転をなさっていました。

事故などは起こってなかったのですが、ヒヤっとする運転で終始ハラハラしました・・・。

私の祖父も95歳で亡くなるまで頭は聡明ではっきりしていたのですが、なんと85歳まで運転をしていました。
85歳のある日、京都の大きな通りで事故を起こしてしまいました。
幸い誰も大きな怪我などは無かったのですが、いたくプライドが傷ついたらしく、しばらく落ち込んでいました。

その後、家族からの説得で車を運転することは無くなったのですが、ずっと「まだ運転できるのに」と言って、たまに涙を滲ませていたこともあります。高齢者になってからも運転できることが唯一の自慢だったようです。

とても落ち込んでいる姿を見るのは可哀相でしたが、私たちは説得してよかったと思います。
頭ははっきりしているけれども体が頭についていかず、一瞬の判断が遅れて事故につながったのです。
あのきっかけがなかったら、もっと大きな事故につながっていたかもしれない。それこそ、誰かが大怪我をしたかもしれない。命を落としたかもしれない。


常に「もしも」のことを考えて、先を見越してこうやって話をすることはとても大切ですね。

次は70を超えた父親の番です。
まだ車に乗っているけど、免許証返納について近々話し合いをしたいと思っています。

遺産の分割の話や遺言などの話よりも近い将来の話なので、祖父の時と同じように「年寄扱いするな」「頭ははっきりしている!」と怒り出すかもしれません。

運転している人ならいつか必ず通る道。
高齢の男性のプライドを傷つけないように、やんわりと、話をしようと思いますうれしい顔




【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2018/08/24 0:00:51
lastupdate at 2018/08/24 0:00:51
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/23

 

前回の相続手続のお話の最後にちらっと出てきた貸金庫について、先日ちょうど銀行の方とお話する機会がありました。

現在お手続中の銀行での相続手続があるのですが、残高証明書を手配して把握できた預貯金だけでなく、どうやら貸金庫もあるとのご連絡がありました。

貸金庫の契約者本人が亡くなられて相続が発生した場合、ご家族であっても貸金庫を開けることはできず、当然解約することもできませんどんっ

今回貸金庫が見つかった銀行では、預貯金の相続手続に進むためには、その前に貸金庫の解約手続が必要だと言われました。(金融機関によって違いがあるようです。)

亡くなられた方が契約した貸金庫を解錠・解約するには、
預貯金の相続手続と同じように、

ダイヤ亡くなられた方の出生〜死亡までの戸籍
ダイヤ相続人全員の戸籍
ダイヤ相続人全員の印鑑証明書
ダイヤ銀行所定の届出用紙
ダイヤ貸金庫の鍵
ダイヤ貸金庫のカード

などの必要書類を準備し、基本的には相続人全員が立ち会う必要があります。
ただ、相続人全員が集まるのが難しいという場合、相続人全員からの委任状や承諾書等があれば、全員集まらなくても相続人のうちの1人を代表者として手続することも可能ですキャラ万歳決定

ちなみに、貸金庫の鍵やカードの場所がわからなかったり紛失している場合でも、銀行からの用紙に記入するなどすれば手続きはできるようです星2
(ただし、金融機関によっては別途手数料がかかることがあります。)

基本的な流れは同じですが、金融機関によって更に必要となる書類など異なる部分もあるので、それぞれ確認が必要です電球




【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2018/08/23 0:00:56
lastupdate at 2018/08/23 0:00:56
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/08/22

 

相続手続きの中で必要な戸籍類について、平成29年5月29日から「法定相続情報証明制度」がスタートしています。

戸籍一式と相続関係図を法務局に申請すれば、相続証明情報として、戸籍一式に代わる法定相続人を証明する公的書面を発行してもらえるという制度です。

法務省 法定相続情報証明制度が始まります! 

これは、相続手続き先が沢山ある場合には大変便利です。

これまでは、戸籍一式とコピーを各提出先に一旦提出し、確認できたら戸籍一式を返してもらえるという流れでした。

そこで、口座を沢山持っている人やいろいろな場所に不動産を持っている方の相続では、何回も提出を繰り返さなければなりませんでした。

戸籍を複数枚手配すればよいですが、戸籍を集める実費だけで1万円ぐらいすることもあります。

相続証明情報は無料で、戸籍一式にかわる証明書を貰えます。

提出先が沢山ある方は、まず相続証明情報のご利用をご検討下さい。

相続証明情報は司法書士、行政書士が代理で申請することもできます。

戸籍の手配と併せてご相談下さい。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2018/08/22 0:00:36
lastupdate at 2018/08/24 13:13:11
修正
comments (0) || trackback (0)
 


サイトマップ