会社設立、相続、家族信託/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2018 / 10   «« »»
01
M
02
T
03
W
04
T
05
F
06
S
07
S
08
M
09
T
10
W
11
T
12
F
13
S
14
S
15
M
16
T
17
W
18
T
19
F
20
S
21
S
22
M
23
T
24
W
25
T
26
F
27
S
28
S
29
M
30
T
31
W
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Counter
total : 1682666
yesterday : 130 / today : 788

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack
◎ホームページ戦略◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/12/17 23:41:53
@買戻権@業務メモ
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/09/01 12:41:26
◎防災意識◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/08/22 12:48:04
@グラスゴーの奇跡@
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/29 21:52:12
◎土砂降り◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/23 23:26:22
◎リース終了◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/17 22:47:45
◎気さくな先輩司法書士◎
  └ 中野さん
         └ at 2012/06/21 15:42:33

Recent Comments
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
2018/10/31

 

不動産売買立会の多い司法書士事務所の経営は、非常に難しいものがございます。

と言いますのも、取引日時がどうしても、大安、友引に集中する傾向があるからです。

そこに、司法書士本職が立ち会うのがルールとなっております。

そこで、被った取引には、外注なりして司法書士を段取りすることになるのです。

取引日時は売主様買主様のご都合で決めるケースがほとんどですから、もう決まった状態で取引日時が知らされるのです。

もう毎月のことなので、慣れましたが、やはり、つらいです。

仏滅なども満遍なく、取引があれば、当事務所だけでこなせるのですが、集中する日が月に何日かあるので、そのために、色々段取りしなければならないにもかかわらず、外注費がかさむという状態になります。

月末で、ちょっと愚痴っぽくなりましたが、仏滅と大安で費用を変えるというのも自衛の手段じゃないかととある不動産屋さんに教えてもらえました。引っ越し屋さんでも、繁忙期は値段も高く、閑散期は値段が安いわけです。

なるほどなって思いましたが、それを導入するのにまだ勇気が足りません。ちょっと検討してみたいと思ってます。


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2018/10/31 0:03:03
lastupdate at 2018/10/31 0:03:03
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/30

 

株式会社を設立する際には、いろいろとお金がかかります•••羽のはえたお札
@会社設立時の資本金
A定款に貼る収入印紙4万円
B公証役場での定款認証手数料52000円
C登録免許税最低15万円
Dその他謄本や印鑑証明書取得のための費用等
E司法書士費用…鉛筆etc

(なお、当事務所は電子定款に対応しておりますので、Aの4万円は不要ですキャラ万歳きらきら)


やはりBの登録免許税は、なかなかに高額です。
株式会社の場合は資本金の額の1000分の7の金額で、15万円に満たない場合は15万円となるので、資本金の額によっては更に登録免許税が高くなることもあります。


が、しかし。
なんと、そんな登録免許税が半額になる制度があります人差し指サインスパーク2


平成26年1月20日に施行された産業競争力強化法という法律に基づき、地域での創業の促進、活性化を目的として市区町村が創業支援事業者(商工会議所等)と連携して、会社を設立しようとする際に必要な経営、財務、人材育成、販路開拓等あらゆる観点から会社設立に関するセミナーや勉強会等を行い継続的に支援していくというものです。


制度利用のためには次の4つの条件を満たせば決定です!

チェックマーク2条件1
会社を設立しようとする市区町村が国の認定を受けていること。

市区町村によってはまだ認定を受けていないところもあるので、確認が必要です。
京都市は平成26年3月20日に認定を受けています電球

チェックマーク2条件2
会社を設立する予定の市区町村が指定している機関でセミナーや勉強会を受ける。
(セミナー等の受講完了までに最低1か月ほどはかかるのでその期間も含めて検討する必要があります。)

なお、京都市の特定創業支援事業には以下があります。
・ソーシャルビジネスセミナー(京都市)
・女性起業家セミナー「京おんなじゅく」(公益財団法人京都高度技術研究所)
・ビジネス総合力養成講座「D-School」(公益財団法人京都高度技術研究所)
・イノベーション創出コミュニティ(創業準備スペース)における相談・セミナー(公益財団法人京都高度技術研究所)
・創業窓口相談(京都商工会議所)
・創業塾(京都商工会議所)

「京都市HPより」

市区町村によって支援事業者が異なるので確認が必要です。

チェックマーク2条件3
特定創業支援証明書」を取得する。

支援を受けた事業者へその旨を申し出て、特定支援事業による支援を受けたことの証明申請書を作成し、住民票の写し(法人の場合は登記事項証明書)を添付した上で、申請すれば、大体1週間ほどで発行されるようです。

チェックマーク2条件4
会社設立登記の申請の際、条件3でもらった証明書を一緒に提出する。
(根拠条文は租税特別措置法80条2項)


これで会社設立の際の登録免許税が、以下の通り半額となります。
・資本金の額の1000分の7(原則)右矢印11000分の3.5(優遇措置)
・最低税額15万円右矢印17万5000円に減額

この制度は株式会社だけでなく、合名会社・合資会社・合同会社の設立登記の際にも適用されます。

登録免許税の減額だけでなく、創業関連の信用保証枠が拡大されたり、創業前から資金の借り入れが可能になったりといった優遇措置を受けることもできるようです。

少し長くなってしまいましたが、
設立の費用を抑えながら、会社の経営に関する勉強もできる制度なので、設立までに時間的に余裕があり、条件にあてはまるようであれば活用してみてもいいかもしれませんぴぃたろう星3


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2018/10/30 0:14:29
lastupdate at 2018/10/30 0:14:29
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/29

 

こんにちは、柳谷です。

最近、朝が寒くてだんだんと布団から出られなくなってきました。
皆様も風邪にはお気を付けください。

先日こちらで遺産相続についての案件を見させていただきました。
学生時代、幾度となくやった「この人が亡くなったら、遺産はどこへ何割行くか」の勉強を思い出しました。
実際の案件で考えると、やはり色々と愛憎劇が繰り広げられても仕方のないことかと思いました。

というのも、私自身の親戚にそれは「ややこしい」家族関係の方々がいるのです。
当人たちも「絶対いつかもめる日が来る」とわかってはいるものの、何の対処も相談もしておりません。(もめることが分かっている人達ほど、その話題を避けて過ごしているのかもしれません)

久々に「遺産相続の行方」の勉強を思い出し、やはりこの先起こりうるごたごたを考えると「もめる前にちゃんと話し合うべき!」と強く思いました。


またその親戚に会う予定ですので、その時にちゃんとしっかり伝えようと決心した次第ですおこった顔
やはり、人がもめるところをあまり見たくないですものね。頑張ってきます!




【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託

 

posted at 2018/10/29 0:02:40
lastupdate at 2018/10/29 0:02:40
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/28

 

先日、古くなって、入れ替えたパソコンを処分するのに、データ消去を業者さんに依頼しました。

どうしても、個人情報満載で、しかも、機密情報を扱う当事務所のパソコンをそのまま処分して、あとあと問題になってしまうことがないように、費用をかけて消去してもらいました。

業者さんもしっかりしているもので、データ消去作業報告書も送ってもらって、安心しました。

情報がものを言う情報化社会の中で、情報漏洩が日々話題になっております。
FACEBOOKなど、個人的情報を沢山持っている企業まで、そういう不祥事が起きております。

我々も、気を引き締めて、セキュリティを強化して、情報管理に取組んでいきたいものです。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託





 

posted at 2018/10/28 0:04:42
lastupdate at 2018/10/28 0:04:42
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/27

 

最近、紙申請にて、法務局行くたびに、オンライン申請の利用を法務局の方からお願いされる状況です。

法務省も利用促進に力を入れているようです。

本年10月1日からオンライン申請を避けている事由となる却下条項の有無(登記原因証明情報が添付されているかなど)を確認する「プレ調査(即日調査)」を開始されたようです。


遠方であれば、やはり便利ですが、識別情報の数が多い時など、手間がかかるケースもございます。

ただ、そういう時代なのですから、一番近い法務局以外は、オンライン申請を強化していこうかと思います。添付書類も郵送で送受信することになったら、法務局に行くこともだいぶ減るので、同業司法書士に会って、情報交換する機会も減ってしまうことはちょっとさびしいことですが。。。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2018/10/27 0:31:04
lastupdate at 2018/10/27 0:31:04
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/26

 

最近、感じることとして、業務のグローバル化が顕著です。

外国人が日本の不動産を取得する登記の増加、外国法人の日本営業所の設置、賃貸借契約の英訳化、外国法人の株式の現物出資による増資など、我々の事務所でも国際化の波は訪れております。

また、国の方も、外国人を受け入れる体制を整えようと施策を打っているように思います。簡便化しようとしております。

日本の人口がこれから減少していくのに、外国人を受け入れないとじり貧になるのは明らかなので、この波は押さえようもないのでしょう。

我々の業務でも外国人絡みのもの、法律問題もこれから増えていくかもしれません。

英語は話せないからとはなから外注を考えておりましたが、英語を学ぶところから取り組まなければならない時代が来るかもしれません。英語を話せたら、もっと業務の幅が増えるのは明らかです。

英語をもっとしっかり勉強してきたらよかったなって後悔しているので、子供には、英語が話せるように教育を促していきたいと思う今日この頃です。


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2018/10/26 0:03:59
lastupdate at 2018/10/26 0:03:59
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/25

 

会社名の決め方には、色々あると思います。

商標的に、どこかの承諾がないと付けられない名前や、本当は英語だったのを法整備できておらず、カタカナ表記で決められたもの、会社によって様々でございます。

しかし、決定した会社名が字画が悪いと言われてしまったら、大して占いを信じない方でも気持ち悪い、嫌な気持ちになると思います。

当方も、わりとそういうこと(目で見えない占い的なもの)に興味があるので、知ってしまったら気にしてしまうので、逆に知らないようにしております。

いい日に設立、いい名前で設立、いい場所で設立、気にしだしたら切りもありません。

ご自身が納得して決めた名前であれば、きっと良い方向に行くのではないかと勝手に思っております。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託





 

posted at 2018/10/25 0:28:09
lastupdate at 2018/10/25 0:28:09
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/24

 

毎日毎日、来る日も来る日も、不動産の所有権の名義変更の登記がございます。

相続、売買、財産分与、贈与、様々な原因で名義変更登記を申請しております。

よくもまあ、こんなに名義変更の案件があるなって思うほどです。

名義を変える際、我々の仕事で言えば、登記なので、それだけで良いのですが、名義を変更することで、税務署は動きだすこともございます。

贈与税に、譲渡所得税などです。

出来る限り、想定外の税金が発生しないように、事前にお伝えするようにしております。

このあたり、司法書士によっては、言われるがまま手続きを進める方もいらっしゃるようです。

不動産周辺の専門家として、最低限の知識は押さえておきたいところです。

名義変更に関するご相談は当事務所まで、是非ご相談下さい。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託




 

posted at 2018/10/24 0:00:14
lastupdate at 2018/10/24 0:00:14
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/23

 

当方所属の異業種交流会KVBCにて勉強会がありました。

小さな会社の経営を支えているのは、無形の経営資源とのことです。強み経営とは、この価値を認めこれの充実に向けた取り組みを通じ競争優位性を獲得しようとする経営であり、小さな会社が取り得る道であるとのことです。

強みを支えるものは、我々の業務では、間違いなく人でございます。

私も含めて、事務所の人材が事務所の顔としてお客様対応を日々しております。それが丸々我々のサービスということになります。

その人材つくりに必要なこととして、参加意識の醸成、経営計画のブレイクダウン、キャリアパスの提示、多能工化星取表の活用、ミドルの自覚、評価と処遇、経済的支援、計画的QJTの実施とOFF-JTの実施、社内提案制度、評価制度、目標管理制度など、社長としてしてしなればならないことが山積みです。

日々の業務に追われている毎日ですが、事務所経営には、人材が一番大事であることを肝に銘じ、事務所経営をしていこうと思いました。

そして、今、非常に優秀な人材が我々の事務所に中で育っております。やはり、長期にわたり在籍してくれていることで、年々事務所力が向上しているように思います。

お客様の様々なニーズに対応できるよう、更なる努力を続けて参ります。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託




 

posted at 2018/10/23 10:51:47
lastupdate at 2018/10/23 10:51:47
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/10/22

 

『うちに絶対にない』ってセリフよく聞きます。

いざ、相続が発生したときに、争いが生じることがあるかないかに対するセリフです。

ただそのセリフと裏腹に、その方死亡後に争う姿をみることもしばしば見ます。

私にも、子供が二人おります。
仲の良い姉弟です。
見ていて、うちに限って、そんな争い絶対ないって思っております。

だからこそ、先月、遺言を書きました。

その遺言が日の目をみることがあるかないかは別にして、他の方に進める以上、自分自身もそれなりに客観的に自分の家族をみて対策を取っておこうとした行動です。

うちに限ってないっていう驕りが過ちを生むきっかけになる場合もあるかと思います。
出来る限り、そういうきっかけを消していきたいと思います。

自分自身のこともそうですが、お客様、当事務所に関わる全ての方に生じるそういうきっかけを消していきたいです。
これは、予防法務のプロとしての責務と考えております。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ
みんなの家族信託


 

posted at 2018/10/22 15:57:55
lastupdate at 2018/10/22 15:57:55
修正
comments (0) || trackback (0)
 


サイトマップ